足裏にクリームを塗る女性
  • ホーム
  • 水虫を放っておくとどうなるのか?

水虫を放っておくとどうなるのか?

脚にクリームを塗る女性

足の裏や指の間に痒みを感じたら、多くの方が「水虫かな?」と心配になるのではないでしょうか。
それだけ、水虫は日本ではポピュラーな皮膚病です。
実際、発症した事がある方の数は、10人に1人、5人に1人とも言われています。
水虫は白癬菌というカビの1種に、感染する事で起こる皮膚感染症の1つです。
日本人は裸足になる事が多く、白癬菌が感染しやすい生活スタイルという事もあり、発症しやすいと言われています。
白癬菌に感染してしまうと、皮膚に強い痒みが現れたり、皮膚がジュクジュクとただれたように剥ける、赤みを帯びた小さな水泡が出来るケースもあります。
このような症状が現れたら水虫を疑い、早めに皮膚科を受診しましょう。
ただ、忙しくて受診する暇が無い、何となく恥ずかしくて受診に抵抗があるなどし、そのまま放置してしまう方も少なくないようです。
もし、放置してしまったらどうなってしまうのか、気になる方も多いと思います。

白癬菌は1度、皮膚の角質層に入り込むと、自然にいなくなるという事はありません。
そのまま、どんどん増殖を繰り返します。
放置してしまうと痒みが酷くなり、搔き毟ってしまう方も少なくありません。
搔き毟った事で傷ができ、そこから雑菌が入り込むと2次感染を引き起こしてしまいます。
こうなってしまうと、膿が溜まるなどして痛みから、歩く事さえままならなくなるのです。
また、特に糖尿病の持病がある方は、水虫には注意しましょう。
糖尿病の方は免疫力が低下しており、2次感染を引き起こしやすくなります。
最悪の場合、患部が壊死して切断というケースも考えられます。
たかが水虫と放置してしまうと、このような症状が出るまでに悪化してしまう場合もあるので、水虫は早めに治療する事が大切です。

サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ