足裏にクリームを塗る女性

水虫の初期症状とは?

足裏にクリームを塗っている人

水虫はカビの1種、白癬菌に感染して起こる、皮膚感染症の1つです。
カビという事もあり消毒すれば治るのでは?と、思う方も多いでしょう。
スリッパやバスマットなどに付着している、白癬菌は消毒で退治する事ができます。
しかし、1度皮膚の角質層にまで入り込んでしまった白癬菌は、消毒などのケアで死滅させる事はできません。
水虫を発症したら抗真菌薬での治療でなければ、治せないのです。

ですので、「水虫かな?」という症状を感じたら早めに皮膚科を受診しましょう。
その他の方法としては、個人輸入で入手出来るラミシールやニゾラールクリームという抗真菌薬があります。
早めに治療を始めるには、白癬菌に感染してしまった場合、どのような症状が起こるのかを知っておく必要があります。
水虫の初期症状としては、痒みや違和感を感じるケースがほとんどです。
白癬菌は皮膚に付着すると、酵素を出し皮膚を溶かしながら感染します。
この時、体の中に異物が入り込んだと防御機能が反応し、痒みを感じるようになるのです。
まだ感染して初期の場合は、あまり痒みを感じないかもしれません。

ですが、ムズムズしたり何となく違和感を感じる事が多いので、皮膚に違和感を感じたら強い痒みが無くても、皮膚科を受診する事がおすすめです。
この他に初期症状としては、皮膚が剥けやすくなる点も特徴です。
ジュクジュクとしていたり、皮膚が白くなっている場合は白癬菌に感染している可能性が高いと言えます。
症状が出ている部分を確認する際は、念のために使い捨ての手袋を使用しましょう。
水虫は足の裏や指の間のみに起こるというイメージがありますが、皮膚であればどこでも白癬菌は感染します。
手も水虫となってしまうので、症状を感じる部分を触ったら、しっかり手を洗う事が大切です。
この他にも初期症状としては、水疱が出来る場合もあるようです。

サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ