足裏にクリームを塗る女性
  • ホーム
  • やっかいな皮膚トラブル「水虫」「魚の目」「水疱」

やっかいな皮膚トラブル「水虫」「魚の目」「水疱」

両手と脚

やっかいな皮膚トラブルの代表例として水虫、魚の目、水疱などがあります。
水虫は白癬菌による皮膚病の一種で、足の指の間にできることが多いです。
水虫になる原因はとにかく湿気です。
長時間靴を履いていてムレたりすると水虫になりやすくなります。
また公衆浴場など、不特定多数の人が裸足で出入りする場所で、水虫の菌をうつされてしまうこともあります。
水虫になったら、とにかく水虫薬をつけて足を清潔に保ち、そして乾燥させておくことです。
出来れば裸足で過ごすといいです。

魚の目は、足に出来るイボのようなものです。
皮膚の角質層が増殖したもので、これも足に出来やすいです。
魚の目はいったん出来てしまうと、放置しておいてもなかなか治りません。
中にある核のようなものを取り除くと治ってしまう場合が多いです。
痛みに耐えられるなら、爪切りや針などを使い、自力で取ってしまうことも出来ますが、無理な人は市販薬を使ったり、医者に診てもらうといいでしょう。
放置しておくと、いつの間にか治ってしまう事もたまにあります。
魚の目は出来てもそんなに害はないので、気にならないのであれば放置しておいても大丈夫です。
水疱は読んで字の如く、皮膚に水疱ができてくる病気です。
この水疱をつぶすと、中から少しトロッとした無色透明な液体が出てきます。
水疱は手に出てくる場合が多いです。
放置しておくと、徐々に水疱が広がっていき上皮が剥がれ落ちてきて、さらに肌がカサついてきて痒みも伴います。
しばらくすると自然に治りますが、なかなか辛い症状ですから皮膚科に言って専用の薬をもらって塗った方がいいでしょう。
水疱ができる原因の1つにストレスがあります。
水疱ができるのを防ぐには、あまりストレスを感じるような事をしないようにしましょう。

サイト内検索
人気記事一覧
最近の投稿
アーカイブ