足裏にクリームを塗る女性
水虫の足裏

発症すると非常に困ったことになる水虫ですが、この水虫を発症する大本の原因は白癬菌という真菌です。
この白癬菌は人の皮膚にあるケラチンというタンパク質を食べて増殖するため、これによって皮膚が荒らされて痒みなどの症状が出てくるわけです。
しかし白癬菌が少し皮膚に付着しただけでいきなり水虫の症状がでてくるのかというとそうではありません。
人の皮膚はもともと抵抗力を有していますから、多少真菌が付着した程度で水虫の症状が出ることは無いのです。
ではどうして白癬菌が水虫に繋がるのか、その原因は「白癬菌が繁殖しやすい条件が整っていた」ということが最大の要素です。
白癬菌が多少付着した程度では問題にならないとは言え、それが皮膚に定着し、繁殖してしまった場合には人の抵抗力では対処しきれないほどの大量の白癬菌が住み着くことになります。
具体的に繁殖しやすい環境としては高温多湿の環境が挙げられるのですが、営業マンの皮靴や女性が冬場に履くブーツでは、この高温多湿の環境が極めて作られやすいのです。

また冷え症だからという理由で風呂上りに靴下を履く人も高温多湿の環境になりやすく、こうした人ほど水虫の被害には悩まされやすくなると言えるでしょう。
実際、草履や下駄が主流で足の通気性が極めて良かった江戸時代のころには名前こそありましたが患者はそこまで多くありませんでした。
さて、ではこのことから何が導き出せるのかについてですが、これは当然「水虫を予防するのであれば通規制の良い環境を作ることが大切である」ということです。
例えば革靴を履くことは避けられないにしても定期的に革靴を脱いで風を通してやる、冬場のブーツも毎日同じものを履くのではなく何足かをローテーションするといったようにすると水虫はかなり予防しやすくなるでしょう。
一度発症すると完治まで時間がかかる症状であるだけに、こうしたことで日々予防をしていくようにしてください。